艦これ秋イベ E2のJマスで雲龍周回堀り

艦これのイベントと言えばレア艦の堀りは外せません。
E1のLマスで雲龍型空母「葛城」、E2のJマスで「雲龍」がドロップします。
まだ持っていないならぜひとも手に入れたい逸品です。

E1のLマスは潜水艦6隻で艦隊を組めばまっすぐ目的地へ進んでくれるので説明はいらないでしょう。
問題はE2の方です。
E2クリア後に堀りをする場合、若干艦隊の編成を考えないといけません(面倒ですね)。
なお、この堀りは乙クリア後に行っています。
丙なら道中がもっと楽になるかと思います。

■E2で狙うドロップ艦
Fマス まるゆ
Jマス 雲龍、まるゆ、伊401、松輪

J堀ルート

Jマスへ向かうにはFマスの軽空母がいる下ルートか、Cマスの空襲を踏む上ルートを通ります。
クリア後に最初のスタート地点から出発するためには艦隊に水上機母艦を混ぜないといけません。
戦力にはなりませんが、ルート固定用と思って好きな艦を入れるといいでしょう。

攻略編成E2J堀リサイズ

実際にJマス堀で使用中の編成がコレです。
水上機母艦×1 (ルート固定用、水上戦闘機があるなら載せておくと便利です)
高速戦艦×1 (2巡攻撃を行いJマスで潜水艦の打ち漏らしをなくすため)
重巡洋艦or航空巡洋艦×1(なんでもいいですが、Fマスで航空優勢を狙うなら航巡がいいかも)。
阿武隈改二 (志摩艦隊のやつ、雑魚掃除用に)
先制対潜可能駆逐艦×3 (潜水新棲姫を確実に仕留めるために3隻あるといい)。

この編成はFマスS勝利でまるゆも狙っているためかなり重めの艦隊になっています。
Fマスを通過するだけでいいなら高速戦艦を重巡に替えても問題ないでしょう。
あきつ丸がいるなら艦戦×3を積んでいくと更に事故率が下がると思います。

J堀ルート航空隊

基地航空隊が使えるならFマスに集中投入して道中をより楽にするのもアリです。
過剰戦力ですが、事故率をかなり減らすことができます。
ただし零戦×1陸攻×3の編成でボーキを80~100ほど消費します。
ボーキがもったいないなら使わなくてもいいでしょう(突破を妖精さんに祈りましょう)。

J堀ルートJ攻略

だいたい無傷に近い感じでJマスまでこれますが、たまーにFマスの爆撃で駆逐艦が大破することがありました。
Jマスに到着できればS勝利はほぼ確実なのですが、T字不利を引いた時は運が悪かったと諦めましょう。
このようじょ、マジしぶとい。

Jマス雲龍堀りの最大の敵はS勝利後のドロップ判定です。
1/2くらいの確率でガシャンと無慈悲なシャッターが落ちるので心を無にして挑みましょうw
丸1日挑んでいますが、目立った戦果は神威だけだったりします、あるぇ~??

おまけ:Jマスにワ級輸送艦が1隻出るので「ろ号」をついでにやるといいかも。
スポンサーサイト

E2「捷一号作戦、発動準備」、始まりますw

E2-01.jpg

E2海域「捷一号作戦、発動準備」の始まりです。
このマップも2段階マップになっていて、まずJマスを攻略すると中央島付近に新たな出発点が登場します。
ルートはA-B-C-E-G-JでAとJに潜水艦が潜んでいます。
Cマスは空襲マスなので被害を受けないようにやり過ごしましょう。

攻略編成E2修正

Jマス攻略部隊の編制はこんな感じです。
このE2では第三艦隊で部隊編成をすると7隻で艦隊を組むことが可能になります。
ちょっと戦力が増えていいですね。
編成はE1でも使った志摩艦隊を中心にして組んでいます。
あきつ丸とザラは空襲対策で戦闘機と水上戦闘機をガン積み、駆逐艦は対潜仕様です。
Jマスには幼女潜水艦がいるため、こいつを倒さないといけないのです。

E2-02.jpg

Jマスの敵編成はこんな感じ。
乙で挑んでいるので丙だともうちょい楽なはずです。
潜水新棲姫さえどうにかできればサクっと攻略が完了するはず。
こいつを倒せばルートをショートカットできるようになります。
そしてここからがこのマップの本番なのです。

E2-03.jpg
E2-04.jpg

輸送作戦が始まると中央島付近からの出撃になります。
途中で空襲が2回、水上戦が1-2回発生します。
空襲対策としてあきつ丸を軽空母に変更し、駆逐艦1隻は対空カットイン装備にした方がいいでしょう。
最初は駆逐艦にドラム缶を満載して、重巡と軽巡だけの火力で挑んだのですが、ナメ過ぎでした。
ボスマスの重巡棲姫が結構硬くて夜戦で沈められない事態に。

駆逐艦を砲×2+ドラム缶の装備に変更し、艦隊のドラム缶を2個にまで減らすことで夜戦でもA勝利ができるようになりました。
ただ、輸送量が激減したため、S勝利で27、A勝利では18しかTPが減らないことに。
ゲージを削りきるまでに15周以上回りましたよ、マジで疲れた。
基本的に輸送だけすればいいので、回数を重ねればクリアできる面とも言えますね。

E2-06.jpg

道中のLマスでは戦艦が2隻出てきます。
そのまま殴り合うと駆逐艦が大破しやすかったのですが、朗報があります。
今回から登場した「警戒陣」(一番最後のやつです)を使うと火力が下がる代わりに回避力が大幅アップします。
この陣形をLマスで選べば駆逐艦なら無傷に近い形で避けまくってくれます、いや凄い。
正直この陣形を敵のPT小鬼群が使ってきたらどうしようもないのではと思ってしまうほどです。

E2-07.jpg
E2-08.jpg

E2のクリア報酬は海防艦「佐渡」、うーむ。
海防艦ばかり増えても使い道に悩みます。
またPのボスマスでは海防艦「対馬」がドロップします。
E2までは序盤扱いなのでドロップにあまりいいものがない印象です。
きっとE3からドロップも本気をだすに違いありません!!

艦これ秋イベE-1「第二遊撃部隊、抜錨!」

艦これの秋イベントが始まりました。
その名も「捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇)」、そのまま突撃したら全滅フラグビンビンな感じです。
全4海域の中規模イベントとのことなので結構さくっと逝けるのではないでしょうか?

序盤E-1「第二遊撃部隊、抜錨!」は艦これお約束の潜水艦マップらしいのですが、なんかマップが少し変なのです。

攻略編成E1リサイズ

E-1に突入するのは志摩艦隊編成の娘達です。
史実の志摩艦隊には那智、足柄、阿武隈、曙、潮、霞、不知火、初春、若葉、初霜が含まれています。
これらの艦を複数投入することでルート分岐時の索敵値が下がるらしい。
それを参考にして那智、阿武隈、不知火、潮を起用しております。
途中航空戦マスがあるので被害軽減にあきつ丸とザラで迎撃機を準備。
道中の敵潜水艦は丙だと弱いので潮を対潜専用にして全力で避ける方向で。
イベントでは札が貼られてしまいますがどうせ丙なので気にしないw

E1-01.jpg

E-1出撃直後がこの画像。
なにやら空白地が非常に多くて怪しいです。
まさかE-1から変なギミックを入れてくるとは思いませんでした。

E1-02.jpg

Cマスが能動分岐になっていて、まずは上に進んで碇のマークを目指します。
道中のBマスとDマスは潜水艦、Eマスは航空戦になっていました。
Hマスは弱編成の敵がいたので適当に蹴散らして1回目の出撃は終了。

E1-03.jpg

2回目の出撃では下ルートのどん詰まりを目指します。
道中Kマスの航空戦が終了すると空白になっていた場所に新たな進撃ルートが浮き出てきます。
なお、下どん詰まりのLマスでは雲竜型空母葛城がドロップするそうなので堀って見るのもいいかもしれません。

E1-04.jpg

上ルートが開いたらPマスの碇マークに行きましょう。
途中にあるNマスの航空戦がボスマスへ行くためのギミックになっているようです。
あきつ丸とザラに搭載した戦闘機+水上戦闘機で航空優勢が取れるのでかなり楽ちん。
「そんなもんねーよ」という場合は、頑張ってくださいとしか言えません。

E1-05.jpg
E1-06.jpg

最後にOマスで航空戦を行うと、ようやく隠されていたSマスのボスへ行けるようになります。
正直、めんどくせぇ。
ただ、道中は潜水艦と航空戦しかないため、進むだけなら非常に楽です。
たまに航空戦で中破がでましたが、迎撃機が仕事をしてくれたおかげで損害軽微でボスへの突入が可能となりました。
なお、E-1から基地航空隊が使用可能なので、対ボス戦では陸攻を投入しましょう。

E1-07.jpg

丙でのボス編成はかなり弱め。
ヌ級軽空母×3、ル級×1、駆逐×2で夜戦まで行ければ普通に勝てます。
これが甲になるとル級がダイソンになるので嫌ですね。
基地航空隊を投入すれば砲撃前に1-2隻は沈めてくれるのでほぼS勝利でいけるでしょう。

E1-08.jpg

ボス戦も最終段階になると敵編成が変わります。
軽空母が1隻になり、ル級×2と少し敵が硬くなります。
基地航空隊が仕事をしてくれればいいのですが、私の時はスカでした。
一隻も沈めてくれなかったためそのまま砲撃戦へ…

E1-09.jpg

昼戦でダメージを与えるも撃沈には至らず、夜戦突入!
初撃で那智が敵旗艦をスナイプしてくれたため、まさかの一発クリアになりました。
夜戦で2隻も打ち漏らしたのでちょっとヤバかったかも。

E-1は道中ギミックこそ少々面倒ですが、敵はそれほど強くないためクリアは楽だと思います。
最後のボスだけ何度か出撃するかもしれませんが、イベントなんてそんなものですしね。
なおE-1には新規艦はいないようですが、あちこちで海防艦は落ちるそうです。

E1-10.jpg

丙でのクリア報酬は「零式水上偵察機11型乙」でした。
乙や甲だとこれの熟練タイプらしいけど、まいっか。
E-2以降も面倒なギミックがどうやら山盛りらしいので、ここからは情報を集めてゆっくり逝くこととします。

そろそろ秋イベントが迫ってくる

満潮改造

もうすぐ秋イベントがやってまいります。
決戦会場はレイテ前哨戦の「スリガオ海峡海戦」が濃厚です。
イベント開始前に満潮改二の実装、西村艦隊に「決戦ボイス」なるものの搭載。
しれっと山雲や朝雲の服が切り替わっているなどなど、随所に仕込みが見られます。

我が鎮守府の満潮もひたすら演習を繰り返し、なんとか改二改造までこぎつけました。
いやぁ長かった、やっぱり駆逐艦を鍛えるのはきついね。
あまりたいした装備は持ってこないのでそっちは割愛。
改二画像が気になるならググってみてくだされ。
商学生だったのが中学生くらいに成長しております。

秋イベ要注意

さて、秋イベントでカギを握ると思われるのが西村艦隊です。
スリガオ海峡に突入する史実艦として扶桑、山城、最上、満潮、山雲、朝雲、時雨、村雨が要注意です。
私も扶桑、山城は98まで育っているものの、他の艦が心もとなかったためスパルタ育成中であります。
特に画像の中でも朝雲、山雲が放置ぎみだったのでなんとか実用レベルにまで引き上げたい。

この秋イベントでおそらく出てくるであろうPT小鬼群、もういやじゃ。
場合によっては史実の駆逐艦に穴を開けて機銃を載せないといかんかもしれません。
絶対に西村艦隊の艦娘だけでボスルート固定があるはずです。
それとしれっとメンテナンスで対潜の上限値が引き上げられております。
確実に対潜マップが存在しますね、これは。

次にイベント前の決戦ボイスが気になりますね。

扶桑 「時雨、大丈夫よ。私達、第三部隊七隻!一緒にスリガオ海峡を抜けましょう!・・・今度こそ!」
山城 「姉様、ん?満潮?ああ・・・そうね、小さいのは任せたわ、え?  ふふっ・・・生意気ね・・・姉様を・・・守ってね」
最上 「決戦か・・・また突入だね!いいよ、突破しよう!」
時雨 「扶桑、山城・・・気をつけて。大舞台だけど、油断は全然出来ないんだ。 ・・・ボクも・・・ボクも、全力で守るから・・・!」
村雨 「時雨ちゃん・・・どうしたの?なるほど・・・でも、きっと平気。 私達の・・・佐世保の時雨なら、村雨は信じてます」

こんなのが追加されている。
全滅フラグがビンビンであります。
こうした悲壮的な海戦が題材になるということはいよいよ末期戦が近づいてきた感じか。
艦これの運営もかなりアズールレーンに危機感を持ってきているのかな?
艦これのように艦の擬人化をしているゲームだけど中国製なんだよね。
艦これとちがってSTGなんでキャラを集める意味があるのかね、やってないから分からん。

アズレンが注目されているのはガチャでSSRの確率が高めに設定されているからかな。
アズレンのSSR7%は廃課金ガチャに汚染されているこの業界ではかなり良心的。
グラブルなんて通常3%で個別に狙ったら0.06%なんていう狂った確率だからね。
建造がガチャ扱いになっているけど、無理にガチャで艦を集める必要もないみたい。
元々中国はガチャの規制があるので日本のような青天井なんて無茶なことができないせいだな。

なお、日本版はキャラが艦の名称になっているけど、本家中国版では動物や花の名前になっているそうな。
まぁ本家中国で日本の軍艦の名前なんてやばくて使えないわな。
9月からサービス開始で先日ダウンロードが300万突破とかやっていた。
制作元の中国の会社がガチャに否定的な考えを持っているようで課金要素が少な目なのも人気が出た秘訣かもしれない。
そりゃ、ガチャがあれば狂ったように回す人はいるだろうけど、グラブルやFGOなんかに比べればかなりマシだと思う。
こうした低課金の海外のスマホゲーが逆上陸するようになってきたからそろそろ国内の異常なガチャも終焉かな?
スマホゲーやソシャゲのユーザー数は有限なので、ポケモンGOショックのように人が流れると一気に売り上げが落ちるからね。
2018年は課金ガチャが崩壊してほしいものだよ。

秋刀魚イベント終了です

秋刀魚

長いようでアッという間に過ぎ去った秋刀魚漁イベント。
いいかげん装備も揃ったから楽勝かと思っていましたが、実はかなり苦戦しました。
スタートから3日間ほどは1-1と1-5を中心に回り、簡単に10匹以上捕れたのですが、そこから段々と様子がおかしくなりました。

10匹を過ぎたあたりで1-5を回ってもまったく落ちなくなったため、メイン漁場の3-3へ移りました。
でも、ここは敵が結構強いため損害もそれなりに出ます。
空母5隻でごり押ししましたが全然ボスマスへ向かってくれないため、方針転換。
意外と捕れる穴場の3-2上マスどん詰まりへ挑戦です。

ここは実にいい漁場でした。
旗艦軽巡大淀を漁船装備(ソナー、探照灯、見張り員、偵察機)でかため、戦艦と空母の混在艦隊でサクサク周回です。
ここで粘って合計20匹以上まで行ったところで漁獲高がピタリと止まりました。
むむむ、今年はやっぱり不漁か?

当初予定では数日で終わるはずが、そこから一日0~1匹のスローペースに。
気が付けば終了日がどんどんと迫ってきます。
ついには3-2と3-3も諦め、1-5鬼周回へと移行することに。

粘って粘って20周/1匹のペースでようやく30匹到達(10/16のことでありました)。
20匹を超えると出にくくなるとネットでささやかれていましたが、マジでしんどかった。
実は6-5とかにいければかなり捕れるそうですが、私はそこまで開放しておりません。

30匹の漁獲量にこだわったのは30匹報酬の大漁旗のためです。
秋刀魚イベントやるならこいつを提督室に飾りたいじゃないですか。

秋刀魚30匹

30匹報酬の中身はソナー、TBF、昨年の大漁旗の中からどれか一つでした。
私はTBFを選びましたが、昨年の大漁旗を取りそこなった人は迷わず旗でしょうね。
ちなみにソナーはイギリス製なのですが、近いうちにイギリス駆逐艦が登場とあったのできっと持ってきてくれる、はず。
持ってきてくれるといいなぁ、お願いです、持ってきて下さい。

大漁旗

で、こいつが秋刀魚漁の真の報酬、一七式大漁旗です。
なんかこれがあると秋刀魚が捕れそうないいデザインです。
ちなみに大漁旗にいる八駆の満潮は今回のメンテ終了後に改二実装予定とか。
これで八駆は朝潮、荒潮、大潮、満潮の全員が改二になる実に恵まれたグループかと。
設計図なしでお願いしたい所だけど、無理かなぁ。

ちなみに秋刀魚イベントで集めた秋刀魚はそのままにしておくと腐って消滅します。
メンテナンス前に5個→ネジになる塩焼で交換するのがおすすめですが、情報が遅すぎたかな?
11月には秋イベント(ミニらしい)があるので備蓄期間の始まりです。
しばらくは遠征と演習だけの日々になることでしょう。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

社交場のマスター

Author:社交場のマスター
ここはFORZAとフィギュアをこよなく愛する紳士の社交場。
ゆっくりしていってね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク