質が低い?Web小説生まれの漫画には面白い作品が少ないぞ!

げぇと

最近多くなったWeb小説から生まれた漫画たち


ある日銀座に異世界からゲートが繋がり、平和だった日本が突然異界の軍勢に襲われる。
そんな衝撃的なシーンからスタートする自衛隊のとんでも漫画「ゲート」。
元々Web小説から生まれ、アルファポリス社で書籍化されたものが漫画になったものだ。

この漫画、新作はしばらくの間ネットポリスのHPで掲載されるため無料で読める。
さすがに最初の頃の話は「漫画を買って下さいね」ということになるが、ストーリーも絵もなかなかいける。
かくいう私も原作書籍5冊+外伝3冊、漫画も7巻まで購入している。

このゲートだがアニメ化も行われ、本編も新章が始まっている。
また連載中の漫画については今でも毎月月末に新作が更新されているので楽しみだ。
正直、アルファポリスでまともに楽しめる数少ない作品だったりする。
これはWeb小説から飛び出したモンスター作品と言えるかもしれませんね。

で、何が言いたいのかというと、最近こうしたWeb小説生まれの漫画が激増してたりする。
発信元はゲートの出版元である「アルファポリス」が多い感じだが、他社も追随を始めている。
パターンとしては「小説家になろう」など、投稿型小説サイトで人気をになった作品が相次いで漫画化されている感じか。

暇つぶしレベルなら楽しめる作品が結構揃ってきているから驚きだ。
個人的にはこの「ゲート」以外でも「Re:Monster」や「勇者互助組合 交流型掲示板」は十分楽しめた。
しばらくはタダで読めるので暇つぶしにはおすすめだ。

Web小説生まれの漫画も質を上げないとすぐに廃れる


こうしたWeb小説やWeb漫画の強みは何かな~と考えたのだがやっぱり一番はコストかな。
本を出版するときに発生する製本過程をばっさり切り捨てられるのですっげぇ安上がりになる。
ネット配信(掲載)だから流通を通す必要もなく、作家と出版社のサーバーさえあれば設備は十分。
薄っぺらい同人誌ですら作るのに結構金を食うから、作家にとっても裸一貫で始められるメリットが大きいのかも。

自分が退社した某出版社も刊行雑誌や書籍の激減でかなり経営がやぱかったのだが、最近少し持ち直したとか。
まだ残っている同僚に聞いてみたら紙媒体をばっさり切り捨てて電子書籍化をおし進めたとのこと。
そりゃぁ製造コストがなくなれば業績も持ち直すわな。
だって、雑誌刷ってもあまり売れないから廃棄がすげぇ多かったw
実際に雑誌作ってた元編集者としては紙媒体がなくなるのは悲しいことでもありますが…orz

ただ、最近ではこうしたWeb小説の漫画化も数が増えすぎて、内容も似たり寄ったりになってきた。
出版社側も「長く続ける作品」ではなく「読み切りの消費コンテンツ」と認識して扱いが凄く雑だ。
さらにWeb小説の書籍化で契約まで進んでいきなり企画消滅とか1巻は出したけどそこで打ち切りなんてことも増えている。

流行に乗って数こそ増えたが、内容が薄っぺらいものが多すぎて読者に飽きられた構図が浮き彫りになっている。
やはりWeb小説とはいっても「質」は重要ということだ。
長く連載が続き一定の読者が付いている作品はやはりどこかしら光る物を持っている。
漫画化されるネット小説もある程度厳選しないとジャンルとして読者からそっぽを向かれる日がくるかもしれない。
Posted by社交場のマスター(Junyou)

Comments 2

There are no comments yet.
トムきち三平  
No title

>誰もが読めるWeb小説から飛び出したモンスターと言えるかもしれません。
俺、漫画しか読まない腑抜けだから小説関係あんま読んでないなぁ・・・最後に読んだのシャナだ。

>発信元はゲートの出版元であるアルファポリスが多いですね。
しまったぁ!ほとんど見れなくなっちゃってるな・・・単行本買うか。

>しばらくはタダで読めるので暇なときはお勧めですよ。
時代だな~本買わなくていいのか悪いのか・・・

>本を出版するときに発生する製本過程をばっさり切り捨てられるのですっげぇ安上がりになる。
PCがあれば全部自分で出来ちゃうから費用はかからないし売れ残りのリスクも少ないか~
資金という頭が痛いであろう一番の問題が排除できるから精神的にもいいかも?

>まだ残っている同僚に聞いてみたら紙媒体をばっさり切り捨てて電子書籍化をおし進めたとのこと。
なるほど、個人より会社でやればかなり効果があるね~ただ、印刷業はかなりやばいだろうなってのが予測できてしまう。

>だって、雑誌刷ってもあまり売れないから廃棄がすげぇ多かったw
廃棄するぐらいなら半値とかで~と思うが本の値引きはないねぇ・・・尼でフィギュアと同梱の反は投げられるてるのは見たことある。
時に本って返品されてるの?本屋で月遅れの号をダンボール詰めてるの開けてもらったことがある、そのとき確か戻すと言ってた気が・・・
そのときにスーチーパイの設定資料集も買ったよ~~~1996年ぐらいにw

2014/06/29 (Sun) 19:32 | EDIT | REPLY |   
じゅんよう  
No title

>俺、漫画しか読まない腑抜けだから小説関係あんま読んでないなぁ・・・最後に読んだのシャナだ。
おいらWeb小説は大好物だな。
まぁ商業作品と比べるのはアレだけど、発想が柔軟だから結構楽しめる。
難点はテンプレ(神転生やトラック)がとても多いことかなw

>しまったぁ!ほとんど見れなくなっちゃってるな・・・単行本買うか。
少なくとも買って損はしないと思うぞ。
自分で持ってる漫画でも何回も読み返せる結構良質な作品だと思う。
ただ原作(小説)よりもペースがかなりゆっくりだから完結はしないだろうなぁ~。

>ただ、印刷業はかなりやばいだろうなってのが予測できてしまう。
うむ、やばいよ~。
読書人口の減少、紙媒体離れ、材料高騰、本屋減少でお先は真っ暗。
アマゾンだって国が本気になって規制に乗り出したらすぐに危うくなるしな。
フランスでは尼の送料無料商法が法律で禁止されるとかあったしな。
マジで尼は世界中の書店を敵に回しているぞw

>時に本って返品されてるの?
書店で売れ残った本は取次に返品されそのまま焼却処分されることが多いですよ。
一部書店の買取になる本もあるけど、この「返品」ができたから今まで個人書店がやってこれたわけだな。
ただまぁ、尼のようなネット書店が暴れまわった結果、本が少ない町の本屋は消滅してしまったわけですが。
そりゃぁ欲しい本が置いてない本屋なんかには人が行かなくなるわな。
昔は地域にそこしかなかったからやってこれただけだ。
大資本と競争になったら個人店はローラーのごとく押しつぶされてしまう。

2014/06/30 (Mon) 03:08 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply